スーザン・ウタヤクマールプロロジス
産業の巨人は、絶対排出量を削減しながら、100年までにグローバルに2025%カーボンニュートラルな建設を達成することを目指しています

プロロジスがサステナビリティリードを任命

 | 

カールトマスク

世界最大の産業家主は、持続可能性とエネルギーの最高責任者としてスーザン・ウタヤクマールを雇いました。

新たに創設された役割において、Uthayakumarは、プロロジスの顧客中心の持続可能性およびエネルギーソリューション事業を主導します。 彼女のチームは、プロロジスのポートフォリオ全体で新規および既存の持続可能性指標を評価およびスケーリングします。

Uthayakumarはまた、戦略、進捗状況、利害関係者の関与、および関連するイニシアチブについて、同社のESGチームと提携します。

プロロジスの前は、シュナイダーカナダの最高経営責任者を務めた後、世界的なエネルギー会社であるシュナイダーエレクトリックのサステナビリティ事業部門の社長を務めていました。

プロロジスの最高執行責任者であるゲイリーE.アンダーソンは、次のように述べています。

持続可能性の目標と進歩

プロロジスの目標の中には、100年までにグローバルに2025%カーボンニュートラルな建設を達成するというコミットメントがあります。

排出目標には、スコープ1および2の温室効果ガス排出(電気、蒸気、加熱および冷却からの直接排出および間接排出)を21年から2016年の間に2025%削減し、スコープ3排出(バリューチェーンからの間接排出)を15%削減することが含まれます。同じ期間。

さらに、同社は400年までに2025MWの太陽光発電容量を建物に設置することを目指しています。

その中で 2020サステナビリティレポート、プロロジスはスコープ37の排出量が3%減少したと報告しましたが、スコープ40と1の排出量は2%増加しました。

プロロジスによると、スコープ1とスコープ2は排出量のわずか0.1%であり、スコープ3への削減が増加をはるかに上回っていることを意味します。 スコープ3の排出量の大きさは、世界中の994m平方フィートの倉庫のポートフォリオから生じており、顧客の排出量を削減することが同社の優先事項となっています。

Uthayakumar氏は、次のように述べています。「今日のお客様は、ビジネスを可能な限り効果的に運営しながら、革新的な新しい方法で持続可能性の目標を達成できるパートナーを探しています。 それがプロロジスでの私の焦点になります。」

あなたのコメント

こちらのコメントポリシーをお読みください