PlanRadar製品ビュー
CBRE、Siemens、Morgan Sindallが使用するプラットフォームは、建設関連のすべてのタスクをXNUMXつのデジタルツールにまとめます。

PlanRadar | コンテックに対する「巨大な世界的欲求」は69万ドルの資金調達を促進します

 | 

カールトマスク

オーストリアの歴史上最大の資金調達ラウンドのXNUMXつを完了した、デジタル建設管理のスタートアップPlanRadarは、米国、アジア、オーストラリアに目を向けました。

ウィーンを拠点とするこのプラットフォームは、障害とタスクの管理、メンテナンス、建物の検査と文書化をデジタル化することで、ミスを減らし、建設プロジェクトの時間を節約しようとしています。

たとえば、ユーザーは、進行中の建設活動(およびオンサイトの障害)を2D計画またはBIMモデルに固定するツールを使用して、プロジェクトの進捗状況を追跡できます。

の共同創設者兼共同CEOであるイブラヒムイマームは、次のように述べています。 PlanRadar.

同社は、最近の69万ドルのシリーズB資金調達からの収益を使用して、米国、オーストラリア、湾岸協力会議、東南アジア、ラテンアメリカの新しいオフィスを対象とした国際展開を「倍増」します。

2020年以来、PlanRadarはヨーロッパとロシアの10の新しい市場に拡大し、レポートとBIMに関する新しいツールを開発しました。

クライアントには、CBRE、Siemens、Morgan Sindall、Cushman&Wakefieldが含まれます。

新たな資金提供を受けて、このスタートアップは、研究開発を後押しするための技術ハブと専任の製品イノベーションチームの創設も検討しています。

PlanRadarの共同創設者兼共同CEOであるSandervan de Rijdtは、次のように述べています。最先端のソリューションを採用する。 それは本当にそれと同じくらい簡単です。」

シリーズBの資金調達ラウンドは、InsightPartnersとQuadrilleCapitalが主導し、Headline、Berliner Volskbank Ventures、awsGründerfonds、Proptech1 Ventures、Russmedia、GRCapitalが追加で参加しました。

あなたのコメント

こちらのコメントポリシーをお読みください