豊富なロゴJpg

元ブラックロック会長がPlentific取締役会に参加

 | 

カールトマスク

ブラックロックの元会長兼グローバル不動産責任者であるジャック・チャンドラーは、昨年の100億ドルの資金調達に支えられた国際的な拡大の中で、不動産メンテナンススタートアップの諮問委員会に加わった。

ジャックチャンドラーブラックロックプレンティフィック

ブラックロックとラサールで上級職を歴任した後、ジャック・チャンドラーは現在、少数の新興企業の取締役を務めています。

増え続けるプロップテックの任命リストに加えて、チャンドラーは形成において重要な役割を果たします たくさんスタートアップは、グローバル市場向けのの製品だと述べた。

Plentificは、英国、ドイツ、米国の800,000の建物で使用されており、チームとコンプライアンスの管理、請求書の承認の自動化、データ分析などの機能を使用して、建物の修理を管理できます。

チャンドラーは、アジア太平洋地域のCEO兼エグゼクティブチェアマンを含め、ラサールインベストメントマネジメントで25年間過ごしました。 彼はまた、Urban LandInstituteAmericas実行委員会の前会長でもあります。

最近では、不動産および資産管理における「新興の破壊的企業」に焦点を当てた民間企業であるマジェステカ・インベストメンツ・ホールディングスを設立しました。

彼は、CrowdStreet、Nuveen Global Cities REIT、Regent Properties、iBorrowなどの半ダースの企業の取締役を務めています。

チャンドラーは、次のように述べています。

「会社が家主、不動産管理者、テナント、請負業者向けに市場をリードするテクノロジーとソフトウェアを開発し続けているので、私はそれが新しい転換点に到達することを可能にし、チームが投資家とのさらなる関係を築くのを助けていると思います。」

去年の夏、たっぷり 100万ドルを調達 BrookfieldTechnologyPartnersが共同で主導する資金調達ラウンドで。

従業員数を200倍以上に増やして2021年に米国に事務所を開設したこのスタートアップは、この投資を利用して、米国を含むグローバルなプレゼンスを拡大し、さらなる製品開発に資金を提供する予定です。

PlentificのCEO兼共同創設者であるCemSavasは、次のように述べています。

「ジャックが私たちのグローバル展開を加速し、彼の専門知識でさらに一流の投資機会を確保するのを手伝ってくれることを楽しみにしています。」

あなたのコメント

こちらのコメントポリシーをお読みください